お坊さんINFO フ レ ア
 法事・法要  ご葬儀  戒名授与 トップページ
僧侶手配受付
電話番号
052-734-3061 
 ネットでお申込

 お葬式はこちら
 シンプルな葬儀
定額 70,000円

費 用 一 覧
お葬式
戒名授与 
法事・法要
ご供養
僧侶費用
僧侶の派遣
お問合わせ
お申込
代表者
  法事・法要  
一律 20,000円   定額、明朗会計、追加費用無し
法事・法要
ご依頼の多い法要
初七日
四十九日
一周忌

三回忌

七回忌

十三回忌

十七回忌


年忌とは祥月命日に営まれる仏教の定められた年に行う法要
  年忌(年回)法要といい、追善供養のため営まれます。

中陰法要
人は死後、魂を清めて仏になる為に中陰の道を歩き、あの世を目指す。
その所々に審判の門があり、生前の罪が裁かれる。罪が重いと魂を
清めるため地獄に落とされるが、遺族が法要を行い、お経の声が審判官
に届けば赦される。それが下記の7日毎に行う法要である。また四週目と
五週目の法要の間に、最初の月命日が来る。

  初七日(しょなのか)/初願忌(しょがんき)
  二七日(ふたなのか)/以芳忌(いほうき)
  三七日(みなのか)/洒水忌(しゃすいき)
  四七日(よなのか)/阿経忌(あぎょうき)
  初月忌(しょがっき)/没後、最初の月命日
  五七日(いつなのか)/小練忌(しょうれんき)
  六七日(むなのか)/檀弘忌(だんこうき)
  七七日(なななのか)四十九日/大練忌(だいれんき)、もっとも
                      重要な法要とされる

 法要は、その当日に営むのが最善ですが、日程に都合が付かない
  場合は、その当日より前に営むのが一般的です。
 臨終の日を含めて数えて50日目が忌明け、忌明(きめい)です。
位牌は、四十九日までに葬儀の際の「白木の位牌」から本位牌に作り
  変えます。
浄土真宗では位牌は用いない為、本位牌を作らず法名軸を用意する。

中陰法要(忌明け)後、命日から100日目に「百ヶ日」の法要が行われま
すが、この「百ヶ日」と「一周忌」、「三回忌」の3つの法要は、中国の儒教
の祭祀の影響によって付加されたものです。
亡者が「初七日」〜「七七日(四十九日)」と「百ヶ日」を含めた8つの忌日と、
「一周忌」、「三回忌」の2つの年忌の、合計10度の時点で、冥界の十人の
王に審判を受けるという「十王信仰」に基づいています。

審判の時に、遺族による追善供養による功徳で、亡者の審判に資する
ことを期すのが、忌日と年忌の法要の持つ意味あいです。

七回忌」以降の法要は、日本で独自に付加されたもので日本では、十王
信仰が広まりました。さらにその後、鎌倉時代に、「七回忌」、「十三回忌」
、「三十三回忌」が行われるようになりましたが、これは、「十三仏信仰」
に基づいていて、十王信仰の各王を垂迹と見て、それぞれの王に本地と
なる仏菩薩を当てはめ、それぞれの法要の時には、その仏菩薩を本尊とし
て法要を行うというものです。

年忌法要一覧

百ヶ日/卒哭忌(そっこうき)。

一周忌/没後、最初(翌年)の祥月命日。一般に、この日までが「喪中」と
           される。明治時代の服忌令に基づき13ヶ月とする場合もあります。

三回忌/没後、2年目の祥月命日。一般に三回忌まで、親類を呼ぶ場合が
     多い。

七回忌/没後、6年目の祥月命日。

十三回忌/没後、12年目の祥月命日。

十七回忌/没後、16年目の祥月命日。

二十三回忌/没後、22年目の祥月命日。

二十五回忌/没後、24年目の祥月命日。

二十七回忌/没後、26年目の祥月命日。

三十三回忌/没後、32年目の祥月命日。

三十七回忌/没後、36年目の祥月命日。

五十回(遠)忌/没後、49年目の祥月命日。

以降50年毎に、百回遠忌(99年目)、百五十回遠忌(149年目)…と営む。

「五十回(遠)忌」を最後の年忌にするのが一般的であり、それを「弔い上げ」、あるいは、「問切り」と呼んでおり、その時に、寺への寄進や永代供養を行う場合が多い。
    



TOP
 
 
お支払い方法(銀行振り込み)
振込み口座
ジャパンネット銀行 本店営業部
普通預金 1875430
カ)ナンデモインフォ
振込み口座
三菱東京UFJ銀行 今池支店(イマイケシテン)
普通預金 4571396
カ)ナンデモインフォ
 
  株式会社 何でもINFO
名古屋市中区大須1-7-14 パークIMビル2F  
052(734)3061
フレア
担当:亀岡