運の花押を作る花押工房

花押工房
古田織部花押
TOP



古田 重然は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将。
千利休が大成させた茶道を継承しつつ大胆かつ自由な気風を好み、一般的には茶人・ 古田 織部として知られる。織部の名は、壮年期に従五位下織部正の官位に叙任されたことに由来している。
利休七哲のひとりとされる。利休死後は、天下一の茶人となった。
重然は茶の湯を通じて朝廷貴族寺社・経済界と様々なつながりを持ち、全国の大名に多大な影響を与える存在であり、太閤秀吉の数寄の筆頭茶頭、次いで二代将軍・徳川秀忠の茶の湯の指南役にも抜擢されている。
大坂夏の陣の折りに重然の重臣である木村宗喜が豊臣氏に内通して京への放火を企んだとされる疑いで京都所司代の板倉勝重に捕らえられた。重然も冬の陣の頃から豊臣氏と内通しており、徳川方の軍議の秘密を大坂城内へ矢文で知らせたなどの嫌疑をかけられ、大坂落城後の6月11日に切腹を命じられた。重然はこれに対し、一言も釈明せずに自害したといわれる。享年73。


花押の販売
花 押

花押を送料、税込みにて鑑定証書、花押七点証書、七点の説明書、筆順書付きで1点
45,000円


納品花押は1週間の納期でお送りいたします。



FAXにての注文は 052-731-0437 にお送り下さい。
鑑定に必要ですからお名前に必ずふり仮名を付けて、生年月日、ご職業は記入してください。
お支払い方法 銀行振込でお願いします。
振込み口座 三菱東京UFJ銀行 今池支店 普通預金 口座番号 4571396 カ)ナンデモインフォ
ジャパンネット銀行 
本店営業部 普通預金 1875430  カ)ナンデモインフォ



TOP
株式会社 何でもINFO
名古屋市中区大須1-7-14 パークIMビル2F
052(734)3061
花押工房
担当:亀岡
カウンター
                                                                     
古田織部の花押